bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アンフィニRX-7 -FD3S型-

自動車

アンフィニRX-7 -FD3S型-

ロータリーエンジンの名車 FD3S型RX-7

シーケンシャルツインターボが搭載された13B型ロータリーエンジン

アンフィニ・RX-7

出典 http://car-moby.jp

アンフィニ・RX-7

出典 http://car-moby.jp

3代目 FD3S型(1991年-2002年)

1991年10月、2度目のフルモデルチェンジによりFD3S型 RX-7が発表され、同年12月より販売開始。このフルモデルチェンジを機に、1971年から20年続いた「サバンナ」の呼称がはずされ、当時の販売店系列「アンフィニ」の名を冠して「アンフィニ・RX-7」として発売された。後に販売店のアンフィニ店がユーノス店と統合したことにより、車名が「マツダ・RX-7」となる。開発コードはX105。マツダ販売網で扱われるようになってからは、車体先端のエンブレムが、マツダのロゴマークとなった。キャッチコピーは『アンフィニのスポーツです。』『その非凡さが、アンフィニ。』『ザ・スポーツカー』『ザ・ロータリースポーツ』。
エンジン出力は、シーケンシャルツインターボが搭載された13B型ロータリーエンジンで255psだったが、初期型255ps車のパワーウェイトレシオ(重量/出力比)は5kg/psを切っていた。後にエンジンの出力向上が行われ、1996年1月のマイナーチェンジで265ps(MT車)、1999年1月のマイナーチェンジでは280psに達し、一部のモデルでパワーウェイトレシオは6.11kg/kw(4.50kg/ps)に達した。
同社のユーノス・コスモが1996年に生産を終了して以降、RX-7は世界唯一のロータリーエンジン搭載量産車となる。RX-7は車体の軽量化やエンジンの高出力化を図るなど、「ピュア・スポーツ」をコンセプトに掲げる車両として開発が続けられたが、日本国内市場および北米市場におけるスポーツカー需要の低下や、ターボ過給機付ロータリーエンジンの環境対策の行き詰まりなどの理由により、2002年8月に生産終了となった。
この前に、最終特別限定車「RX-7スピリットR」が同年4月に発売されている(限定車の発売は、最終特別限定車を含めて9回行われている)。2シーター5速マニュアル仕様の「タイプA」、4シーター5速マニュアル仕様の「タイプB」、4シーター4速オートマチック仕様の「タイプC」の3仕様を用意され、限定販売台数は合計1,500台であった。BBS社製17インチホイール、レッド塗装ブレーキキャリパー、専用インパネなどの専用パーツを装着。タイプAは専用のレカロ社製フルバケットシートなどを装備した。 2002年8月26日、宇品U3工場での最終生産車は、スピリットR タイプA チタニウムグレーメタリック車だった。この車の最終ラインオフに合わせ、FD3Sに携わったマツダのスタッフの他、一般公募のユーザーを加えて式典が催された。この車は市販されず、社内展用車となった[6]。
11年のモデルサイクル中に複数のマイナーチェンジが行われ、下記のように分けられている。
前期型
1型 (1991年12月-)
エンジン出力255ps。
2型 (1993年8月-)
ボディ剛性強化。ダンパー大型化。サスペンションセッティング見直し。大型アームレストを追加し、インテリアの質感と使い勝手を向上。
2シーターグレードであるタイプRZとタイプR II バサーストを追加。
3型 (1995年3月-)
グレード体系見直し。タイプR-Sなどを追加。
中期型
4型 (1996年1月-)
4型の期間内にマツダの販売体系が変わったため、途中から車名が「アンフィニ・RX-7」から「マツダ・RX-7」へと変更されている(97年1月のRS-R以降アンフィニの名前が外れる)。CPU制御が8ビットから16ビットに強化され、吸気系の配管の変更やブースト圧の向上もありMT車はエンジン出力が265psに向上した(ATは255psのまま)。外装ではリアコンビネーションランプが丸型3連式に変更、リアウィングも大型化された。
後期型
5型 (1999年1月-)
最高出力がMT車は280ps(タイプRBは265ps)、AT車は変わらず255psのままとなる。ボディ剛性の大幅強化・サスペンションセッティング見直し・内装の変更(ステアリング形状変更・メーター指針位置が真下からになる・シート生地変更)・16インチアルミホイールの形状変更・外装では5角形の開口部を持つ新デザインのバンパーとフロントコンビネーションランプが採用され、リアウィングも再度変更された。デュアルエアバッグ・ABSが全車標準装備になった。ラジエターの大型化とタービンの仕様変更も行われた。PPFの強度向上、マフラーの変更も行われた。
6型 (2000年9月-)
ABSの制御が8ビットから16ビットに変更、サスペンション・セッティング見直し、EBD(電子制御制動力分配システム)を追加。インテリアではメーター盤がホワイト化され照明は赤色に変更された。エンジン系には変更なし。
外装はフロントおよびリアコンビネーションランプ、フロントバンパー、リアスポイラー、ABS等が変更されたが、1型から6型で流用不能なものはABSとECU、リヤ補強材の一部であり、マイナーチェンジ前の車両に変更後のパーツを移植することも可能

出典 http://ja.wikipedia.org

FD3S型RX-7

出典 http://car-moby.jp

ロータリーエンジン搭載の名車

最大の特徴は「ロータリーエンジン搭載車種」という点です。

一般的なエンジンはレシプロエンジンと呼ばれ、ピストンの往復運動で動力を発生するのに対し、ロータリーエンジンでは三角形のおむすび型をしたローターと呼ばれる部品の回転運動によって動力が生み出されます。

またコンパクなロータリーエンジンの特徴を活かして、エンジンが車両の中心部に搭載されていたこと、さらに車両重量も現代の車に比較して軽量であったことも手伝い、ハンドリングに優れたまさにリアルスポーツカーの特性を備えていたことも見逃せません。
ロータリーエンジンのメリットとは?

ロータリーエンジンのメリット・長所を簡単にまとめると以下のようになります。
・コンパクトである
・ 軽量である
・ 振動が小さい
・ 高回転までモーターのようにスムーズに回る
・運転していて気持ちいい

ロータリーエンジンのデメリットとは?

ロータリーエンジンのデメリット・短所を簡単にまとめると以下のようになります。
・ 低回転域でのトルクが小さい
・発熱しやすい
・ エンジン回転が下がるとき、レシプロエンジンと比べて 回転の落ちが遅い
・燃費が悪い

出典 http://car-moby.jp

Mazda RX7 FD3S Rotary PURE SOUND

Regular Car Reviews: 1993 Mazda RX-7 FD

-SUPER☆CAR其の十-「MAZDA RX-7 FD3S」

1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ