bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ホンダ ミラクルシビック EK9

自動車

ホンダ ミラクルシビック EK9

6代目 EK型(1995-2000年)

1995年9月4日、通称「ミラクルシビック」にモデルチェンジがおこなわれた。型式はE-EK。主力モデルの3ドア「VTi」/フェリオ「Vi」のエンジンは、従来のVTECとVTEC-Eを統合し、低燃費高出力を実現させた3ステージVTECに進化し、オートマチックトランスミッションは、ホンダマルチマチック(HMM)と呼ばれるCVTが搭載された。(「EL」と「SiR」は、4速ATである。)
先代の3ドア車の欠点だった後席の居住性は、ボディサイズの拡大やフェリオと同じホイールベースの長さ(2,620mm)にすることで改善された。 
3度目の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。
1997年8月22日に追加された「タイプR」では、排気量は1.6Lのままながら、B18C型と同じ高さのブロックを用い、エンジンは185PSを発生するに至った。これと同時に3ドア「SiR II」およびフェリオ「Si II」がそれぞれ「SiR」および「Si」となり、従来レースベースモデルであった「SiR」および「Si」は廃止された。

出典 http://ja.wikipedia.org

1997年8月22日に、6代目シビックに「タイプR」を追加設定し発売された。型式は、前期型(1997年10月~1998年9月)がE-EK9、後期型(1998年9月~2000年9月)がGF-EK9。

エンジンはB16B型 1.6L 直4 DOHC VTEC (185PS/8,200rpm)を搭載し、トランスミッションは5速MTが組み合わせられた。他の「タイプR」と同様に、車体重量が軽量化され、エアロパーツ、レカロ製バケットシート、モモ製ステアリング(SRSエアバッグ付き)、チタン製のシフトノブ、専用車体色のチャンピオンシップホワイト等が装備された。生産は鈴鹿製作所で行なわれた。

前期型に対し後期型は外観的にヘッドライト、フロントバンパー、フロントフェンダー、テールランプのウインカーレンズ色が異なる。 内装においてはオーディオ周りのデザインが異なり、前期は1DINであるが後期は2DINデッキ・ナビが取り付けられるようになり、それに伴いエアコンのパネルも一新されている。

1999年12月16日に、CDプレーヤー付オーディオ、キーレスエントリーシステム、アルミパッドスポーツペダル、専用色カーボン調パネルなどを追加して装備の充実を図った「タイプR·X」を追加設定した。

2000年9月、7代目シビックへのフルモデルチェンジに際し、生産を終了した。

出典 http://ja.wikipedia.org

Civic Type R EK9

Spoon Civic EG6 B18C vs. Civic Type R EK9 B16B

11,000rpmまわるシビックR!?

1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ