bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

初代 トヨタ/カローラレビン・スプリンタートレノ TE27型

自動車

初代 トヨタ/カローラレビン・スプリンタートレノ TE27型

初代(TE27型、1972年-1974年)

初代(TE27型、1972年-1974年)

1972年3月に登場。カローラレビンは、カローラクーペの「SL」や「SR」よりスポーティな「ホットモデル」として登場した。当時は「普通の」カローラにもクーペモデルが存在したため、ボディタイプでの区別ではなく高性能バージョンとしての位置づけであった。カローラクーペとは、FRP製オーバーフェンダー(生産時期によっては金属製のものもある)の有無で区別できる。エンジンは上位車種ではあるが、成り立ちはカローラ派生の、セリカ1600GTから移植された2T-G型 1.6L DOHCエンジンが搭載された。正確にいえば、レギュラーガソリン仕様の2T-GR型 (110ps) と有鉛ハイオクガソリン仕様の2T-G型(115ps:グロス値)が設定されていた。1973年4月のマイナーチェンジの際に追加された「レビンJ」には、ツインキャブの2T-B型 1.6L OHVエンジン(105ps:グロス値)および、そのレギュラーガソリン仕様にあたる2T-BR型 1.6L OHVエンジン(100ps:グロス値)がそれぞれ搭載されていた。

出典 http://ja.wikipedia.org

トヨタカローラレビン1600

スプリンター・トレノ1600

1972年には、さらにホットなモデルが加わった。セリカ/カリーナよりひとまわり小さい、ベストセラーであるカローラ/スプリンターのクーペボディーに、パワフルな2T-Gを押し込んだカローラ・レビン/スプリンター・トレノである。

愛好家の間では型式名のTE27、あるいはそれを略して「ニイナナ」と呼ばれるレビン/トレノは、それまでのトヨタ車の殻を打ち破った、走りに徹したクルマだった。光り物がすべて外され、オーバーフェンダーを装着したボディーに、黒一色のインテリア。抜群のパワー・ウェイト・レシオがもたらす俊足、締め上げられた足まわりによるスパルタンな乗り味は、競技用のホモロゲーションモデルのようだったが、それだけにモータースポーツでも大活躍。とくにラリーでは、国内はもとより元ラリー・ドライバーで、後にTTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)を率いるオベ・アンダーソンのチームからWRC(世界ラリー選手権)にも参戦、好成績を残している。

出典 http://gazoo.com

トヨタカローラレビン1600

大衆車であるカローラのクーペボディーに、セリカ/カリーナ1600GT用のDOHC1.6リッターエンジンを移植したカローラ・レビン。オーバーフェンダーが装着されたボディーに太いラジアルタイヤを履いた精悍(せいかん)なルックスが、当時の若者に強くアピールした。
ボディーカラーはオレンジとダークグリーンの2色のみだった。


スプリンター・トレノ1600

カローラ・レビンの販売店違いの双子車であるスプリンター・トレノ。両車の差異は、フロントおよびリアまわりのデザインやエンブレムなど細部のみである。
ボディーカラーもレビンとまったく同じオレンジとダークグリーンだが、レビンとトレノでは異なる色名が付けられていた。

出典 http://gazoo.com

トヨタ レビン&トレノ

1973 初代カローラレビン TE27

トヨタ カローラ レビン TE27

73年式、トヨタ スプリンタートレノ TE27型

TOYOTA Sprinter TRUENO TE27 トヨタ スプリンター トレノ TE27

フジミ☆1/24 ID53 TE27レビン’72

大きな特徴の、FRP製のオーバーフェンダーと砲弾型ミラーを精密に再現しました。
プラモデル

1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

カテゴリー

月別アーカイブ