bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

初代スカイラインGT-R ハコスカ

自動車

初代スカイラインGT-R ハコスカ

いつの時代も人々を魅了し続ける名車GT-R

1969年2月 純粋なレーシングカーR380(当時はプリンス)に搭載されたGR8型直列6気筒4バルブDOHC2000cc エンジンをベースに開発されたS20型エンジンを搭載した「スカイラインGT-R(PGC10型)」を発売。
そのカタログにはレーシング直系を印象付けるため、R380A-IIIも登場する。
外観でのスカイラインGTとの相違は、大きくなったタイヤサイズに対応するため、スカイラインの特徴であるリアフェンダーのサーフィンラインがオーバーフェンダー装着により大胆にカットされている他、軽量化のためウインドシールドをはじめとしたウインドウガラスが青色の熱線吸収タイプでは無いこと、さらにはリアの曇り止め用プリント式熱線も無いこと、モール類が装備されない点などが上げられる。
1969年5月 「'69JAFグランプリレース大会」クラブマンレース・特殊ツーリングカークラスにてデビュー―ウィン。ここから伝説は始まった。
1970年10月 GT-Rは運動性能向上のためセダンから70mmホイールベースを短縮したハードトップ(KPGC10型)へ変更された。
1972年9月 「'72GCシリーズ 富士インター200マイルレース大会」スーパーツーリングTS-bcレースまでに通算52勝を数える事となる。

出典 http://www.nissan-prince-fukuoka.co.jp

旧車スカイラインGT-R(KPGC110)

Skyline 2000GTR (KPGC10)

旧車 ハコスカスカイラインGT-R サウンド

1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ